Posted on and Updated on

肌への負荷を減らす

デリケートな女性
私は以前から肌の問題をたくさん抱えています。

かなりデリケートな肌なので、自身に合うスキンケア用品を見つけるのに非常に苦労しました。

実際今現在は自身の肌に合う最適なスキンケア用品を見つけたので、昔よりかは肌トラブルが減りました。

肌に合わない化粧水等を使用すると、肌に痛さを感じ、翌日肌の皮膚が爛れたようにボロボロになってしまうのです。

世の中には色んなスキンケアアイテムがあるし、新アイテムも続々とリリースされるので、たくさん試してみたくなるのですが、なんせ肌荒れが怖いのでわりと新しいスキンケアアイテムには手が出せません。

洗顔にも非常に気を使っています。

洗い残しがあると肌の調子が悪くなったり、吹き出物が可能な事があるので、ぬるま湯で時をかけて丹念にすすいでいます。

ただしどんなに気を付けていても、たまに吹き出物が出来てしまう事があります。

そのような時は、「触らない」「気にしない」を心がけています。

気になってしまうと必然的に触りたくなって触ってしまい、不必要悪化してしまうという負のループを経験した事があるので、なるべく気にしないように心がけています。

そうすると自然と艶やかに治ります。

お化粧はしなくて良い時はしません。

休暇にコンビニやスーパーに行くくらいでは化粧はしません。

肌に負担が必要になるからです。

化粧をする時は、居宅に帰ったらもうにクレンジングで落とすようにしています。

そうした意識をするだけで、肌へのダメージはだいぶ異なると考えます。

今後も肌へのダメージがなるべくかからない暮らしを心がけます。