Posted on and Updated on

サイクルプラスに含まれる成分

サイクル加味は、いつものビタミンCより染み渡る力の高いAPPSが配合されている化粧品となります。

加えて、ビタミンCはエイジングケアの要となる成分ですが、ビタミンCは多くの肌トラブルに作用する成分でもあります。

また、ビタミンCが肌にもたらす成果としてメラニン色素の抑制による美白影響があります。

他にも、抗酸化作用による肌の老化防止や、新陳代謝の促進による肌のターンオーバーの正常化の影響ももたらしてくれます。

ビタミンCは、年齢肌の不満に作用してくれる成分となるので肌への有能性が高いです。

けれども、体内でビタミンCを作り出せないのでビタミンCを肌に塗布しても分子が大きい影響により、肌に定着してくれません。

従って、高定着型ビタミンC誘導体となるAPPSを配合しているサイクル添加を使用するのがお勧めされています。

理由を言えば、ビタミンC誘導体はビタミンCより肌に染み渡るしやすい成分であり、ビタミンC誘導体よりAPPSは肌に染み渡るする成分だからです。

そして、サイクル加味にはAPPSだけでなく保湿成果や肌荒れを防止する影響がある植物系エキスも配合されています。

その上、ハイドロキノンの糖誘導体となるa-アルブチンも配合されています。

ついでに、a-アルブチンはメラニン色素の抑制に成果がある上に、肌に与える刺激が少ない成分となります。

サイクル添加に使われている成分は、ビタミンCより肌への染み渡る力が高いAPPSと肌への刺激が少ない成分が内蔵されているので、肌に優しい化粧品となります。

サイクルプラスの口コミ情報サイトへ移動!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です